コラム

【小学校の英語授業は通知表にも記載!】いつから始まるのか、内容などの紹介

2018年9月27日

小学校英語教育の内容

2020年から小学校教育に大きな改革がある中で一番注目されているのは「英語教育」がスタートすること。

今までも小学校高学年で英語の授業はありますが、「本格的」に始まるのは2020年から。

うちの息子、娘ともにまだ高学年ではないので英語教育がどんなものか分からなかったので、高学年のお子さんがいるHさんにお話を伺いました。

 

小春
今日はHさんが実際にお子さんの授業を見て英語教育について思った体験談をメインにご紹介していきます。

小学校の英語授業の内容は?

小春
まずは、どんな内容の授業なのか教えていただきました。
実際に英語の授業は参観日の様子しか分からないのですが、その事についてご紹介しますね♪

 

英語の授業参観の様子

普段の授業では教科書は使いますが授業参観の時には使っていませんでした。

1学期に行われたのですが、その時はまだ外国からの先生が来校されていなかったため授業は担任の先生が行いました。

りんごやみかんなどの果物・野球やバスケットなどのスポーツ・犬や猫などの動物など身近にあるものが描かれたイラストを15枚ほど黒板に並べ

これは英語でなんていうか知ってる人いる?

と尋ね、発表させる形ではなく知ってる人が自由に答えるという雰囲気でした。

正解するとひっくり返し、そこにスペルが書いてありました。

小学校英語授業

絵をランダムに出し、生徒みんなで答えていく。

次第に順番ではなくランダムに差したりテンポを早めて差していきみんながつられて間違えて笑う...という和やかなものでした。

「学ぶ」というより「触れる・楽しむ」ことをメインにした授業だなと感じられました

手を挙げさせたり、ひとりを指名して発表させるということはなくあくまでも、英語を知らない・馴染みがない生徒を基本に授業が行われるんだなと感じました。

授業参観の様子のまとめ

私達親世代の「英語教育」というのは文法と単語を教科書で覚えるのが当たり前だったのでとても楽しそうな内容が伝わりました。

小春
英語が分からない生徒さんへの対応も優しいですね!
そうですね。英語を嫌いにならないように・・・という工夫が感じられました

実際にHさんの学校以外でも英語の授業参観を行う学校は多いようです。

ただし、必ずしも良い印象ではない場合も。

例えばSさんの場合、

5年生 母親

今までも参観授業が英語だったことがあり、小学校の英語の授業を見てきましたが、担任の先生がまず英語が喋れないことがあり、日本語のような発音で教えておられました。

ALTの先生もおられますが、その先生が授業の主導をするわけではないので、ネイティブなALTの先生と、担任の先生との授業前の細やかな教材研究、授業研究がもっと必要だと強く感じました。

小春
学校によっての「差」は今後も課題になりそうですね・・・

 

小学校の英語教育について心配なこと

英語教区

小春
現在お子さんを英語塾には行かせていないHさんですが今後の英語教育について何か不安などはありますか?
急に難しくなるのか?他の授業はどうなるのか?は気になるところです。

通知表にも「英語」が加わる!

まだ話す発音するだけだからかもしれませんが楽しく授業を受けているようです

2020年になると3年生から外国語活動必修になり5・6年生は成績がつく教科になる予定だと聞きました

学習時間は現在の35時間から倍の70時間になり聞く話す加え読む書く学ぶようになり通知表の成績欄にも載るようになるそうです

通知表に載ることは、新鮮で楽しみでもありどのような評価をされているのかドキドキすることでもあります。

6年生になったら先生やクラスメイトと質問しあったりコミュニケーションの幅を広げる授業も多そうですしより充実するのではないかと考えています。

楽しむレベルであるとはいっても小学校のうちから英語に触れて、少なからず慣れてはいますので、中学生になって初めて「英語を感じる」というわけではないため、わりと自然に、身構えることなく取り組めるのでは
ないかと思っています。

70時間というと単純に今の倍の授業数になるため国語や算数など他の授業がおろそかにならないかな、と心配な面もあります。

参考小学校英語教育の現状と2020年からの必修化の内容・問題点をわかりやすく解説!

 

小学校の英語への心配ごとは他の保護者の方も

Hさんは英語に触れさせる事はとても良いけれど、年70時間増える英語教育について他の授業がどうなるのか?心配されていました。

実際他の方のアンケートでは小1から週3回の英語授業があるそうですが、ネイティブの先生の教え方も素晴らしいようです。

小1 母親

クラスメイトと英語で挨拶が出来たりボディランゲージを用いた簡単な会話など遊びの延長線楽しんでいる様子です個人的には英語授業はできるだけ低学年からスタートすべきだと考えております豊かな表現力で恥じらいなく楽しめる低年齢のうちに始めるのがベターだと感じています高学年の指導内容にスムーズに取り組めるようにするためにも必要ではないでしょうか1時限費やすのではなく他教科と抱き合わせで音楽英語の歌を歌唱する体育英語の曲にあわせた体操生活かんたんなワードやフレーズを学ぶ学活あいさつやコミニュケ-ションを学ぶ様な形だと子供たちも飽きずに楽しめ学ぶ意欲伸ばして頂けるのではないでしょうかしかしながら文科省の指導要綱に基ずく教育であるがゆえ適わない部分もありますね最終的にはご家庭のお考えや次第だと思います

このアンケートに回答頂いたDさんが言うように、英語教育が始まるなら低学年からの方が良いのではないか?と考える保護者の方も多い印象でした。

文部科学省の考え次第ですが、そう思う保護者の方は英語教育が盛んな小学校へ行くことや、英語塾などに行く選択肢をお持ちなのだと思います。

 

2020年の本格的英語授業により2018年からスタートする学校も!

英語教育

小春
次に現在Hさんのお子さんがいる学校の英語の授業のコマ数についてお尋ねしました。

 

週2回~3回の英語教育、他の授業に支障は?

学校から具体的にどの教科・どの授業を削減する旨の説明はありませんが、「外国語」がなければ本来その時間にはなんらかの教科の授業が行われていたはずです。

他の授業が減らされて、組み込まれているのだろうと個人的に思っています。

夏休みの短縮はなく、通常通りの期間でした。休憩時間の短縮も行われている様子はありません。

 

いつから英語教育は始まる?

英語教育の本格化授業は2020年に始まりますが、2018年2019年はそれぞれの市や教育委員会にどうするかを委ねている状況で、活発に英語教育をしている学校もあれば消極的な学校も

今年、来年は学校によって大きな差が出る時期になってしまいますよね・・・

実際に私が住んでいる地域では「英語教育が盛んな公立小学校」が市内に1つしかなく、学区内ではないために行くお子さんはほとんどいません。

その他の学校は小5.6年で年間30時間という単位で進めていると思います。

小春
気になる方は直接小学校にどんな英語教育をしているのか?聞いてみるのも良いかも

 

参考小学校英語教育の現状と2020年からの必修化の内容・問題点をわかりやすく解説!

 

まとめ

今日は実際に英語教育をしている高学年の保護者の方に授業の様子や内容を教えていただきました。

小学校の英語教育はまだ本格化されていないので、学校により差はあるにしても、子どもたちが楽しめることが重要ですよね。

小春
私達の時代の英語教育とは全く違う「英語でコミュニケーションを取る」授業が今後も増えていくはず!

急に英語教育が始まって慌てないように事前に英語に触れさせているという保護者の方も多く、手軽にできる通信教材も今後人気になりそうですね!

 

\チャレンジイングリッシュは進研ゼミの英語専門教材 /

チャレンジイングリッシュ公式サイト

 

おすすめ
チャレンジイングリッシュで小学生から差がつく英語力に!口コミ評判とオンライントーク

【2019年3月26日追記】 ※2019年4月から新しく進研ゼミチャレンジが生まれ変わります。実際に使ってみたレビュー記事はこちら ----------------- 小学生のタブレット教材の中では算 ...

続きを見る

 

-コラム
-

Copyright© 【新英語教育対応】人気・おすすめ小学生の通信教育・英語教材~えいごまなぼっと~ , 2019 All Rights Reserved.